×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


神様の憂鬱




「永遠の命が欲しいですか?」



これが僕の贖罪。

浅ましい奴らに、お望みのものを。



「死なない体になれば何だって出来ます。

 正義のヒーローになって文字通り命をかけて人を救うことも

 テロリストになって何度でも自爆を起こすことも」



一応僕の役割は天使ということになっている。

しかし僕は元々罪を犯した人間なのだ。

神様の特別な計らいによって、今この仕事に就いている。

もし自分が善良な人間で、永遠の命を与えられる側だったなら?

そんなことは考えたくもない。



「大それたことをしなくても、死なないというだけで

 ずっと安心して人生を送れます。

 もしもの時に大切な人を守ることが出来ます。

 魅力的じゃあありませんか?」



花は散るから美しい、とは誰が言った言葉だったか。

しかし僕は、永遠の命を人に与えることに何ら罪悪感は感じていない。

ただの作業と変わりはないのだ。



「さあ、悩んでないで。代償なんか要求しません。

 あなたが首を縦に振りさえすればいいのです」



こうしてまた、一人の人間が死ななくなった。

死ぬことが出来なくなった。

その内地上は人間で溢れ、やがて収拾が付かなくなるだろう。

そして、天界に人間の魂が来なくなる。

天使や神々にもようやく穏やかな時間が訪れることだろう。



何で神様はこんなことするかって?



「働きたくない」んだってさ。






*後書き





TEXTへ戻る


TOPへ戻る