×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


いつも通りの日々




「ただいまー」

とりあえず挨拶。一人暮しなので挨拶を返してくれる人はいない。
けれど。

「にゃーお」

――返してくれる、猫ならいる。



私に向かって飛び込んでくるそいつを抱きとめ、撫でてやる。ふわふわとした、えも言われぬ触り心地。
こうしている時、私はつくづく思うのだ。猫アレルギーの人は本当にかわいそうだと。


「どう?今日は元気にしてた?」

「にゃー」

「この前みたいに机引っ掻いたりしてないよね?」

「にゃん」

――多分、言葉の意味は伝わっていないだろう。でも、私の気持ちはきっと伝わっているんじゃないかと思う。
こうしている時が一番幸せだ。


背中を撫でてやる。お腹をくすぐってやる。そうした時に返す反応の一つ一つが、全て愛おしい。
目を細めて、ゴロゴロと鳴いて――いつまでも戯れていたい。


ぷにぷにとした肉球を触り、爪を出し入れさせながら私は考える。この時間があるから、明日も元気に仕事に行ける。この子から元気をもらっている。
大切なのは、壮大な冒険譚でもなく、完全な成功でもなく、安心出来る日常なんだろうなあ。


ぎゅっと、暖かい熱の塊を抱きしめる。生命の熱だ。私と同じ熱だ。
嫌なことも、悲しいことも、全て忘れてしまおう。


「……おやすみ」

「にゃ」


私も、頑張ろう。

ふわふわの塊が、頑張れ、と言った気がした。




これからも、よろしくね。






*後書き





TEXTへ戻る


TOPへ戻る